葬式について

変化を遂げるお葬式の形式に関して

昔に比べると、お葬式の形が様変わりしています。
昔は自宅で行うお葬式が当たり前で、近所の方に手伝ってもらうケースが大部分でした。
それを大きく変えたのが、大手葬儀社の登場ではないでしょうか。
広々とした会館を所有していて、そこを借りて行うことが定番になりました。
遺族は弔問客の対応に翻弄されますし、ゆっくりと眠ることが出来ないのが従来の葬儀・告別式でした。
しかし、会館には葬儀社のスタッフが24時間待機をしています。
余計なところに気をまわさずに済むのが、会館葬儀のメリットと言えます。
御通夜や法要も行うことが出来ますし、認知度は高まっていると言えます。
日本の少子高齢化は進んでいますし、葬儀社の役割は大きくなって行くのではないでしょうか。
家族葬を筆頭に、コンパクトでお金のかからない葬儀が注目を集めています。
成長産業であることは確かですので、新規の参入業者も増えているようです。
誰もが避けては通れない死ですから、常に先のことを考えておくべきではないでしょうか。

sabu用置換

sabu用置換

Copyright© 葬式 All Rights Reserved.

変化を遂げるお葬式の形式に関して
葬式